京響コーラス

TOP > 京響コーラス
入団希望の方は、京響事務局まで!

京響とともに合唱作品の名曲を歌う「京響コーラス」

2017年3月25日&26日開催「第610回定期演奏会」から2017年3月25日&26日開催「第610回定期演奏会」から
(指揮:広上淳一/マーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」)

 「京響コーラス」は、京都コンサートホールが完成した1995年に当時の京響常任指揮者&音楽監督・井上道義の提唱で結成された「京響第九合唱団」を母体としています。その後「京響市民合唱団」と改名し、2012年からはさらに音楽的な高みをめざして、京響の自主演奏会を軸にオーケストラ合唱作品に取り組む「京響コーラス」と名称を変更、創立者の井上道義を創立カペルマイスター、京響常任指揮者広上淳一をスーパーヴァイザーに迎えて新たにスタートしました。これまでに、年末恒例ベートーヴェン「第九」はもちろん、プーランク:スターバト・マーテル(井上道義指揮「第560回定期演奏会」)、ドヴォルザーク:スターバト・マーテル(広上淳一指揮「第571回定期演奏会」)、ラター:マニフィカート(エドウィン・アウトウォーター指揮「第582回定期演奏会」)、ブラームス:ドイツ・レクイエム(現田茂夫指揮「第593回定期演奏会」)のほか、2017年3月にはマーラー:交響曲第8番「千人の交響曲」(広上淳一指揮「第610回定期演奏会」)にも挑み、2017年度は、8月にヴェルディ:レクイエム(川瀬賢太郎指揮「第615回定期演奏会」)、12月にベートーヴェン「第九」(井上道義指揮「第九コンサート」)、2018年1月にホルスト:惑星(ジェームズ・ジャッド指揮「第619回定期演奏会」)等に出演予定。現在、16歳以上の約150名の団員で構成されており、毎週月曜日の夜を中心に京響練習場・京都市内文化会館で練習を行っています。

京響コーラスの活動

京都市交響楽団と共演する年2 回の演奏会(「第九コンサート」を含む)を中心に活動します。

■創立カペルマイスター:井上道義
■スーパーヴァイザー:広上淳一(京響常任指揮者兼ミュージック・アドヴァイザー)
(合唱指導:小玉洋子、津幡泰子/練習ピアノ:小林千恵、辻本圭)

  • 【練習日】月曜日 18:30~21:00
    ※本番の前にはオーケストラ合わせなどがあるため、曜日や時間が不規則になる場合があります。
  • 【練習会場】 京響練習場 市内の文化会館など
  • 【入団オーディション】一定のレベルを保つために、入団オーディションを行います。
    ※入団後、演奏会ごとにレベルチェックをして出演者を決定します。
      レベルチェックの結果に応じて、ブラッシュアップのクラスを受講いただくことがあります。
  • 【団費】月2,000 円

京響コーラスへのお問い合わせ

京響コーラスのオーディション、活動内容などにつきましては、下記までお問い合わせください。
〒603-8134 京都市北区出雲路立本町103 京都市交響楽団練習場内 京響コーラス担当 TEL:075-222-0347
■交通アクセス:京都市営地下鉄烏丸線「鞍馬口」駅から徒歩10分/京都市バス37系統「出雲路橋西詰」下車すぐ。

2017年 4月現在

このページの先頭に戻る