今日の京響は、明日10/13(金)開催
「第617回定期演奏会」のホール練習でした。

指揮は、常任指揮者兼ミュージック・アドヴァイザーの広上淳一さん!
今回は、今年度に京響=広上で取り上げているブラームスの交響曲の第2弾♪
7月の「第614回定期演奏会」での第3番に続く
ブラームスの交響曲第1番をメインに、
前半にはウォルトンの映画音楽、「スピットファイア」前奏曲とフーガと、
偉大なヴァイオリニスト、ボリス・ベルキンさんをソロにお迎えした
ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番をお楽しみいただきます☆
チケットは完売御礼です~♪

こちらは今日の練習風景から。
20171012-kso_617_rehearsal_001.jpg

人気の名曲、ブラームスの交響曲第1番!
20171012-kso_617_rehearsal_002.jpg

20171012-kso_617_rehearsal_003.jpg

第2楽章では、首席オーボエ奏者 髙山郁子さんの心が洗われるように美しいソロと、
コンサートマスター渡邊穣さんの甘く哀愁漂うソロが絶品です☆
20171012-kso_617_rehearsal_004.jpg

そしてこちらは、ショスタコーヴィチのヴァイオリン協奏曲第1番から。
20171012-kso_617_rehearsal_005.jpg

オーケストラにとっても難曲ですが、
名手ベルキンさんのスケールの大きなソロにリードされて
緊張感がみなぎった、とにかくものすごい演奏になりそうですので、
絶対にご期待ください!!!
20171012-kso_617_rehearsal_006.jpg

すでに何度か共演させていただいているボリス・ベルキンさんと京響。
ちょっと昔になりますが、井上道義さんの指揮で、
1989年1月の「第310回定期演奏会」で今回と同じショスタコーヴィチの第1番を、
そして1991年5月の「第334回定期演奏会」では同じく井上さん指揮で
プロコフィエフのヴァイオリン協奏曲第1番での共演も。
20171012-kso_617_rehearsal_007.jpg

さらに、ベルキンさんとマエストロ広上は盟友で大の仲良し!!
京響=広上とベルキンさんとは、2010年5月の定期演奏会での
ブラームスのヴァイオリン協奏曲以来、今回が2度目の共演となります。

こちらはなんと、30年前の広上さんとベルキンさん!!!
お2人ともお若いですね~(^◇^)☆
(9/18開催「第46回サントリー音楽賞受賞記念コンサート」パンフレットから)
永年の友情を大切に温めてこられた偉大な2人のアーティストによる
真剣勝負のショスタコーヴィチは必聴です!!
20171012-kso_617_rehearsal_008.jpg

「第617回定期演奏会」は、明日10/13(金)
京都コンサートホールにて午後7時開演で、
チケットは完売御礼!!(当日券、学生券&後半券の発売もございません)
午後6時40分ごろからは、広上淳一さんによる「プレトーク」、
終演後はホワイエにて「レセプション」も開催いたしますので、
チケットをお持ちの皆さま、どうぞお楽しみに!!

そして10/15(日)午後3時からは、兵庫県立芸術文化センターにて
この「第617回定期演奏会」と同じプログラムによる西宮公演がございます。
こちらはまだチケットに残席がありまして、
兵庫県立芸術文化センターのHP↓からは
http://www1.gcenter-hyogo.jp/contents_parts/ConcertDetail.aspx?kid=4290911314&sid=0000000001
開演2時間前までインターネット予約も可能ですので、
たくさんの皆さまのご来場をお待ち申し上げております!