今日の京響は、毎春恒例「スプリング・コンサート」の本番でした。
京都の春といえば、美しい桜と・・・、
やっぱり京響の「スプリング・コンサート」です!
20170409-kso_spring_2017_001.jpg

今年の「スプリング・コンサート」は、
2014年から常任客演指揮者として京響を支えてくださっていて、
この4月からは常任首席客演指揮者に就任していただいた
下野竜也さんの企画&指揮!
京響メンバー全員が主人公となるレパートリーをセレクトしたプログラミングで
京響メンバーと各楽器の魅力をお贈りするという、
すなわち音楽によるメンバー紹介をお楽しみいただきました♪

チケットは見事に完売御礼~♪
プログラム冊子の中面は、京響メンバーのセクションごとの写真入りという
今回限りのスペシャル・バージョンです☆
20170409-kso_spring_2017_002.jpg

今日の公演では、曲と曲との間に下野竜也さんによるわかりやすい解説と
メンバーへのインタビューをはさみながら、
全部でなんと16曲もお楽しみいただきました!
20170409-kso_spring_2017_003.jpg

最初に、壮麗なワーグナーの「ローエングリン」第3幕への前奏曲を全員で演奏!
20170409-kso_spring_2017_004.jpg

続いて弦楽器セクションが腕前を披露します!
まずはヴァイオリン合奏による美しいパッヘルベルのカノン。
20170409-kso_spring_2017_005.jpg

そして、甘い~いソロ・ヴィオラと7つのヴィオラ合奏のために編曲された、
ブルッフのヴィオラと管弦楽のためのロマンスを。
20170409-kso_spring_2017_006.jpg

情熱的なチェロ合奏のヴィラ=ロボス「ブラジル風バッハ第1番」序奏!
20170409-kso_spring_2017_007.jpg

そしてフィッツェンハーゲンのアヴェ・マリアを
魅惑の低音、コントラバス合奏でお贈りしました。
20170409-kso_spring_2017_008.jpg

休憩をはさんで、
輝くようなマレッキの2台のハープのための古典様式のコンチェルティーノ♪
20170409-kso_spring_2017_009.jpg

打楽器のスネア・ドラム3台が大あばれするヨーダーのハスケルのあばれ小僧!
20170409-kso_spring_2017_010.jpg

1番&2番フルート、ピッコロ、アルトフルートの夢見るようなソロが聴きどころの
ラヴェル「ダフニスとクロエ」第2組曲から。
20170409-kso_spring_2017_011.jpg

ベートーヴェン作曲の、モーツァルトの歌劇「ドン・ジョヴァンニ」から
「お手をどうぞ」の主題による変奏曲では、オーボエ2本とイングリッシュホルンが
美しいメロディで超絶技巧を披露!
20170409-kso_spring_2017_012.jpg

クラリネット4人のバツグンなチームワークが光る、
20170409-kso_spring_2017_013.jpg

アンダーソンのクラリネット・キャンディ~~!
20170409-kso_spring_2017_014.jpg

2本のファゴットのアンサンブルが魅力の、とても珍しい協奏曲、
ディーッターの2本のファゴットのための協奏曲から第1楽章。
20170409-kso_spring_2017_015.jpg

ホルンの柔らかであたたかいハーモニーを
ウェーバーの歌劇「魔弾の射手」から「狩人の合唱」で。
20170409-kso_spring_2017_023.jpg

ピッコロトランペットを加えたトランペット4本が吹きまくる
アンダーソンのトランペット吹きの休日!
20170409-kso_spring_2017_016.jpg

天使の楽器(!)トロンボーン4本が癒しのハーモニーをお届けする
ハーライン「星に願いを」☆
20170409-kso_spring_2017_017.jpg

そしてテューバ独奏がルーマニアの民謡を巧みに奏でる
ドミトルのルーマニアン・ダンス第2番、と各楽器の競演が続き、
20170409-kso_spring_2017_018.jpg

最後には再び全メンバーがステージに登場し、
レスピーギの「ローマの松」から「アッピア街道の松」で
豪華絢爛にコンサートをしめくくりました!
20170409-kso_spring_2017_019.jpg

20170409-kso_spring_2017_020.jpg

美しい桜が咲き誇る春の京都に大きな花々を咲かせた
京響のスプリング・コンサート!
2017年度のスタートを華麗に飾るのにふさわしく、
京響の魅力を存分に味わっていただくことができましたでしょうか。
こんなにも楽しくてワクワクするコンサートを企画して指揮してくださった
下野竜也さんにブラボー☆☆☆
20170409-kso_spring_2017_021.jpg

終演後には、会場のお客さまから、
「今日は最高!!大感動でした。京響の大ファンになりました。
皆さんがとてもカッコ良かったです」
「メンバーの方々のまさに職人芸ともいえる力量の素晴らしさが伝わりました。
指揮者のお話もとても楽しかったです」
「各パートが主役の楽しい選曲、想像以上におもしろかったです。
メンバーの紹介もあり、よりオーケストラが身近に。
一人一人が素晴らしいアーティストと感じた後の、全員による演奏は圧巻でした」
「はじめてコンサートに来ました!ひとつひとつの楽器がすばらしかったです。
ぜひこれからも来たいと思います。指揮者の方のトークも楽しかったです!」
「楽しかった。楽団員の方も楽しそうであった。
それぞれの楽器の特色を知ることができてよかった」
などなど、たくさんの温かいメッセージをいただきました♪
ご来場くださいましたたくさんの皆さま、どうもありがとうございました☆

最後に、今日の公演を成功に導いてくださった
下野竜也さんとコンサートマスター渡邊穣さん、
そして、ステージマネージャー日高成樹さんです!
大きな感動をどうもありがとうございました☆☆☆
20170409-kso_spring_2017_022.jpg

次回の京響自主公演は、
4/16(日)ザ・シンフォニーホールにて午後2時から「大阪特別公演」を開催します。
広上淳一さんの指揮で、前半にベートーヴェンの交響曲第5番「運命」、
後半には、ハチャトゥリアンの「仮面舞踏会」とストラヴィンスキーの「火の鳥」
という大阪限定の名曲プログラムをお届けします。
チケット残席はA席のみになってきておりますので、
まだお求めでない方は、どうぞお急ぎください~~☆
たくさんの皆さまに大阪でお会いできるのを楽しみにしております♪